SSブログ

「スマイル0円」伝説 [MONEY]

今、マクドナルドのホットスポット(BBモバイルポイント)から打ちこんでいる。
(マクドナルドは、多くの店舗でパソコン用コンセントを導入しており、これは◎)

マクドナルドのメニューを見ると、「スマイル0円」というのがいつも目に付く。
残念ながら、今まで生きてきて「スマイル0円」を実際に注文している人を見たことはない。

高校生のとき、罰ゲームで「スマイル0円」を注文したことがある人の話を伝聞で聞いた。
「スマイル0円」を注文すると、奥で作業している人も含めて、マクドナルドの店員が全員出てきて、
そのお客様に満面の笑顔で「いらっしゃいませ!」

これも一つの都市伝説。
マクドナルドが、「営業スマイル」を重視しているエピソードということ。
実際に試してみたい気もするけれど、とても大の大人が挑戦できません(汗)

DSC00013.JPG

昨年、職場の食堂で私は「スマイル0円」を希望した。
その食堂は、非常に安いのだが、非常にまずく、冬は寒く、夏は暑い。
冬などは、作っている人たちも寒いらしく、なべ等を載せずにガスコンロを全部つけて暖房代わりにしているほどだ。

ひどいエピソードには事欠かないが、何よりひどいのは、お店の従業員が無言で一切笑わない。
たしかに、職場の食堂は一種の独占状態だから、お客様を大事にしなくても客は来る。
しかし、むすっとした顔でメニューを出されると、よりいっそうまずくなる。
これは良くないと思い、はじめて「お客様ご意見カード」を手にした。

要望欄に「スマイル0円」と一言。
「行間を読んでね!」という思いをこめて。

それから、数日後、会社の同僚がその食堂で空いている時に行ったときに、従業員のボヤキが聞こえてきた。
「お客様ご意見カードもさっぱりだな。
この前なんて、「スマイル0円」なんて入っていてふざけているよ。」

それを聞いた私。
がーーん。。

やはり伝わらなかったか。
その日にしっかり書きました。(もちろん、匿名で)
「食事を出されるときに笑顔もなく、むすっと出されると料理がまずく感じます。
また、「いらっしゃませ!」「ありがとうございました!」は必要ではないでしょうか。」

さすがに伝わったようで、それからだいぶ改善された。

ちなみに私は、従業員さんにはしっかり顔を覚えられており、
いつもカレーライスを頼むと、「福神漬けはいりません。」と答える、めがねのお兄ちゃんと認識されていた。
部署が異動でその食堂を使わなくなると、
「最近、あのめがねのお兄ちゃん来なくなったね。どうしたの?」と心配されていたらしい。
こんな職場の食堂でもちょっとしたドラマがあるのだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます