SSブログ

映画「アバター 3D」感想 [MOVIE]

今年初ブログ。

「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督。
「映像がとにかくすごい」という噂に心が動かされて、3D版を見に行った。
正直、予告編を見たときには、異星人の異形についていけず全く関心がわかなかった。
島根県で唯一の3D版を放映している?!ゆめタウン出雲のT・ジョイ出雲まで車を走らせた。
21時30分開始、終了は24時を大きく回るレイトショーだったが、レイトショーなのに割引いっさいなく、2000円。
さすが客の入りは6割。島根的には多い。

まず、結論から。
90点!
ここ数年で最も衝撃を受けた。
2Dなら、60点の映画だが、3D映像で30点の追加。
アミューズメントパークのアトラクションがずっと続く感じ。
そのくらい映像が革新的であり、そこを非常に高く評価する。

まず、3D映像の評価。
3Dは切り絵が字幕の場所を中心に何重にもなっている感じ。
若干不自然な感じで浮き上がってくる。
まだ改善の余地はあるだろう。
しかし、迫力は段違い。
これだけの長編映画でチャレンジした勇気を讃えたい。
眼鏡は、視野角の広い大きいのを用意した方が良い。
僕自身小さい眼鏡だったため、隅の方の映像が再現しきれなかった。

コンピュータグラフィックスも非常に良くできている。
放映が始まって一時間位したら、すっかり異星人に慣れた。
「美人は三日で飽きる、ブスは三日で慣れる」なのか。

ストーリーは、完全な「ダンス・ウィズ・ウルブズ」(Dances with Wolves)や「ラストサムライ」系列で新鮮味は全くない。
最後の結末のアクションはもっと簡潔にまとめた方が好み。
この映画でストーリーは完全に終了しているため、大ヒットしたという理由で「アバター2」が出たら、とってつけたようなダメダメ映画になる可能性極めて大。

アバター公式サイト↓
http://movies.foxjapan.com/avatar/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます