SSブログ

若葉のこと [PET]

柴犬の若葉(わかば)が亡くなって、もう10年たった。
若葉が亡くなったのは、ちょうど今日のような寒い日だった。

若葉の夢を見るのは、もう何十回になるだろう。
「もっと、やさしく出来たのに」との後悔の念がそういう気にさせるのかもしれない。

若葉が来たのは、僕が小学校4年生のときだった。
来たときは売れ残っていたのか、生後4ヶ月をすぎていた。
とてもかわいらしい子犬とは呼べないような、何かにおびえた表情が印象的な、やせっぽちの犬だった。

うちに来た当初は、人が怖いらしく、新しい犬小屋に入ったきり、警戒して出てこない。
誰もいないのを確認して、やっとえさを食べていた。
来る前にどんなひどい目にあったのだろうか。

来て数日後、僕が小学校から帰ると、若葉はいない。
兄と、何時間も探し回ったあげく、駐在所から連絡があり、おまわりさんの机の下に申し訳なそうに座っていた。
どうやら、道路工事の音が怖かったらしく、犬小屋のある二階のベランダから飛び降りたのだ。
近所の人に聞いた話だと、午後2時頃に「キャイン!」という犬の叫び声が聞こえたらしい。
結局、他の人の家の庭に無断侵入しているところを保護されて、駐在所に連れてこられた。

とにかく大きな音が苦手で、はじめの頃はちょっと壁をたたいただけで、2メートルくらい逃げた。
雷が鳴ったら、さあ大変。
窓をドン!ドン!たたいて、大変な形相で「家に入れてくれー!しぬう!」と騒ぎ立てる。
入れてあげると、一目散に階段を駆け下り、靴箱の狭い隅っこのスペースに駆け込んで、尻尾をこれでもかというくらい下げて、ブルブルガタガタ震えている。

そうかと思うと、散歩から帰って首輪を取った瞬間に脱走し、公道を爆走。
車がたくさん走っている道路をダッシュで横切ろうとし、大きなトラックの下をくぐった。
「わっ!!!」

その瞬間、本当に死んだかと思った。
・・・若葉は、何事もなかったような余裕の表情で、道路を渡ったところで用を足していた。
「まったく、この子は。」

そのうち、僕たちの家に慣れてくると、表情も柔和になり、毛並みもだいぶ良くなった。
眉毛が黒い点だったので、僕はよく「公家さん眉毛だ」と喜んで触っていた。

慣れてきても、本当に薄情な犬で、なでてあげても尻尾を軽く1,2回振るだけ。
それ以上は、面倒くさそうにただ見ているだけ。
むしろ、ジリジリと遠くに行ってしまう。
そして、よくベランダから遠くの富士山等の山々をボーっと見ていた。
「この子は、何を考えているんだろう。」

エサのときだけは、必死に愛想を振りまいていた。
自分のもち芸をすべて披露し、必死のアピール。
それ以外のときは、芸の一つしなかった。
「現金な奴め。」

ゲンキンな若葉は、散歩係の僕が学校から帰ってくると、まだ姿が見えない何百メートルも先から、足音なのかにおいなのかで発見し、「キャイーン、キャイーン」と散歩を求める大合唱だった。
散歩は本当に大好きだった。
散歩のコースが短そうだとわかると抗議のストライキのつもりか、伏せをして動かない。
「言うこと聞け!コイツー」とよくバトルをした。

不思議と人に抱かれるのは好きなようで、貼り付けた写真(現存する唯一の写真)のようにおとなしくスマしていた。

家族の中で一番大好きだった母の移動手段だったからか、車が大好きで、車に対しよく尻尾を振っていた。
乗るのも大好きで、楽しそうに窓から窓へ移動しては車窓を一生懸命眺めていた。

若葉が亡くなった当時、僕は大学の寮に住んでおり、たまたま実家に帰っていた。
出かけるときに、極めてめずらしいことに若葉が犬小屋から出てきて、尻尾を振って見送ってくれた。
僕はうれしくなって、「本当に珍しいねえ。どういう風の吹き回し?」となでてあげた。
その次の日の朝、若葉は冷たくなっていたそうだ。
若葉は僕に最後の挨拶をしてくれたのだった。

死に目に会えなかったからか、後悔の念はいつまでたっても消えない。

もっと長い時間散歩に連れて行ってあげたらよかった。
もっと美味しいえさをたくさんあげればよかった。
もっと写真を取っておけばよかった。

僕の夢にはこれからも若葉が出てくるのだろう。
生きていたときのゲンキンで薄情なキャラクターのままで。


タグ:柴犬 散歩係
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

癒されます!!! [PET]

妻の妹さん夫婦が生後1ヶ月のポメラニアンを飼い始めました。
わずか600グラム。
軽くて、掌に乗ります。
かわいいいいいいいいい!!!!!!

もうメロメロのデレデレです。
一週間後にまた会えるのですが、今からとても楽しみです!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます