SSブログ

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 勝間和代著 [BOOK]

光文社 、2007年11月発売。
勝間和代さん本の感想第4弾。
松江市今井書店で買いました。

後だしじゃんけんになるので、恐縮です。
この本は、タイトルどおり投資を奨める本です。
刊行された2007年11月から今までの間、勝間さんおすすめの投資信託等の投資でほとんどの人は投資で損をしました。
401kで元本割れがかなりの割合を占める中、勝間さんが否定している、慎重に銀行預金のままにしていた人たちが今のところ、「勝ち」

僕自身はといえば・・・この状況で大変勉強させていただいています。
しっかり高値で購入してしまったので、その値段に戻るまでは大切に保管中(苦笑)。
いつになったら、良い味になってくれることやら。

とはいえ、経済が回復期に入ってきていて、今この瞬間はだいぶこの本で記述されている「基本」が適用できる状況になりつつある。
これから、「投資をしてみようかな」と思っている人には良い本だと思う。

一方、何でも、自己責任というのは結構疲れるので、銀行預金に走る人の気持ちもわかる今日この頃。
数〜10数%自己資産が増減したって、人生そんなに変わらない人の方が多いだろうし。
それなら、他のことを考えた方が楽しい人も多いはず。
投資に楽しさを求めていない人に、あんまり「投資しろっ」ていうのも何か違うんだよな。


お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

  • 作者: 勝間 和代
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/11/16
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

cheese999

数〜10数%自己資産が増減したって、人生そんなに変わらない人の方が多いだろうし。=>10数%自己資産が減したら、大変になるのでは?

by cheese999 (2010-05-06 22:14) 

ラクだ

cheese999 さん
鋭いコメントありがとうございました。
ははは、大変と言えばもちろん大変です。
が、人生はそんなに変わらないという気持ちで過ごした方が何かと良いと自分自身に言い聞かせています。
お金に振り回されるのはあまり楽しいものではありませんからねえ。
by ラクだ (2010-05-18 00:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます