SSブログ

今さら、勝間和代さんがマイブーム [BOOK]

ここ2週間ほど、勝間和代さんがマイブーム。

実は、島根県大田市で今年の3月14日にあった「男女の仕事と生活の調和推進セミナー」で、基調講演とパネルディスカッションに来ていて、拝聴した。
そのときの印象は正直「悪」かった。
勝間さんの講演は、中山間地域や離島を抱え、ほとんどが中小企業である島根県の実情を全くふまえておらず、「天下の勝間和代が啓蒙してあげる」という、上から目線を感じた。
特に、後半のパネルディスカッションでは、他のパネリストが一生懸命話をしているとき、ほとんどうなずきもせず、笑顔もなく、時々コックリコックリしかけているようにも見えた。
頭の良さはいやというほど感じたが、人間味を一方で感じなかった。

その後も、毎日.jpやら雑誌やらで「言っていることはたいてい納得できるけど、何となく好きじゃない」イメージがつきまとい、本を読んでみたいとは思わなかった。

その後、ネットニュースに流れる、twitterの記事で、「ヒウィッヒヒー」を広瀬香美さんが思いつき、広瀬さんと親友の勝間和代さんのフォロワーの間で広がっていったというのが、何となく心に引っかかって、twitterを始めて、二人のtwitterのフォロワーになってみた。
つまらなければ、すぐやめればいいさと。

ところが、これが面白い。
広瀬香美さんが、自分の感性を信じてMacを買うか、勝間さん絶対おすすめのレッツノートにするかといったどうでもいいような掛け合い漫才が、「ボケと突っ込み」、「割れ鍋に綴じ蓋」という感じで面白く、特に勝間さんが、文句を言いつつも、結局親切にアドバイスをしてあげているところに好感を持った。
また、勝間さんはヘビーモバイラーであり、どう考えてもマニアックなphs300のすごさを熱心に説くような、オタクなところが妙に親近感を感じさせた。

何より僕の好感度があげたのは、「広瀬香美さんが『ヒウィッヒヒー』商標登録」という内容のネットニュースの誤報が流れ、ネット界が炎上しかけたとき。
twitterを介して、リアルタイムで知った。

勝間さんは、まずtwitterで冷静な対応を呼びかけ、広瀬さんの事務所に連絡して正確な事実関係を確認し、すぐにtwitterで知らせた。
その中で、一貫してネットの良心を信じましょうと言い続けた。
そして、沈静化に成功。

この親友の大ピンチに当たってのすごいとしか言いようのない危機管理に「感動した!」
速くて的確。
今までの仕事やプライベートでの危機もこうやって乗り切った来たんだろうなあ、と本当に感心しました。

そういう訳で、島根でのコックリしてしまった疑惑は水に流して、ここ2週間の間に勝間和代さん本を4冊ほど読んだので、レビューをしていきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

映画「20世紀少年<最終章>」感想 [MOVIE]

ちょうど1年ぶりの更新。
長いこと更新していないと何か大きなことがないと筆が進まない・・・・

「生まれて初めて」映画の公開初日に行ってきたので、「忘れないうちに」と思って、書いてみる。

映画館は、近所の島根松江のサティ。
今までここで映画を見たのは、「うん何?」、「鷹の爪」、「砂時計」という島根関連三部作と、「おくりびと」で、いずれも観客は10人以下しかいなかった。
集中して見ることができたが、正直寂しかった。

今回は、土曜日でしかも初日ということで、7割ぐらい埋まっていて感動した。
子どもが何人か近くにいて、時々「こわーい」とかいう声が聞こえてきたものの、全体的に静かだった。
えらい、偉い。
(途中から眠っていただけのようで、終わって電気がついたときにはぐっすりだった。)

「20世紀少年」は、スピリッツで始まった頃は、「面白い漫画が始まった」と思って一生懸命読んでいたけど、徐々に浦沢直樹マンガの特徴でもある「重さ」が出てきて、映画でいうところの2章の前半で、断念していた。
たまたま、日本テレビ(山陰では日本海テレビ)が映画の宣伝もかねて2週連続してテレビで1、2章を流したのを見てしまった。
2章を見た時点で、お約束だが「『ともだち』が誰だか、どうしても気になる」症候群に陥った。
今日の午後の時点で、インターネットでネタバレが少しずつ散見されていたので、「これは早く見ないと『ともだち』が誰かがわかってしまう。」と今日の夜思い立ち、レイトショーに行ったという訳。

で、肝心の映画の評価。
55点(100点満点中)。

正直、これでもちょっと甘いと思うけど、「ともだち」がわかったことと、「ともだち」の動機で納得できるところもあったことでおまけ。
僕の場合は、原作マンガ版のラストは見ていないので、ある意味純粋に楽しめるところはあった。
それでも、映画の時間が3時間近くある割には深みがなく、ラストシーン近くの盛り上がりも欠けていた。
1、2章と比べても少し残念。
ただ、最終回なので、1、2章を見た人は見たらすっきりするかな。

「ともだち」の部下である高須役の小池栄子、カンナの友人の小泉響子役の子(木南晴夏、新人さんらしい)がただの脇役だが、2章に引き続いて圧倒的に映画に溶け込んでいた。
一方、短いシーンのちょい役ではあるが、ロンドンブーツの淳がイケていなかった。
あるいは最後の方のコンサートの観客の反応とか、そういうところもいまいち。
人がいっぱい出てくる映画は、一人一人の演技がまずいとそれが全体的な影響与えることもあるので、いわゆる大作は不利かもしれない。
マンガの雰囲気は、舞台セット、衣装や小道具を含め、一生懸命出していたと思うんだけどねえ。
僕自身はつくば科学万博世代なので、「人類の進歩と調和」がテーマだった大阪万博は噂にしか聞いたことがないけれども、その辺がわかればさらに映画の世界に入れたと思う。

というわけで、ひさしぶりの更新でした。おやすみなさい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます